勃起不全を食事で治そう

勃起不全には精神的な原因によるもの、肉体的な原因によるものがあります。
肉体的な原因の場合、先述した生活習慣の乱れなどによって血液の循環がうまくいかず、血行不良となり、陰茎に十分な血液が送られないことから、勃起不全となるときがあります。
そうした際にはED治療薬や適度な運動などで勃起不全を治すこともできますが、あくまで薬を使用した場合は一時的な効果しかないため、根本的な改善とはなりません。
薬などに頼らず、根本的な改善を目指すためには、生活習慣の見直しが肝要となってきます。
睡眠時間の確保、運動を積極的に行うなどの行動と並び、勃起不全に効果のあるのは、血行を良化させる、男性機能の回復に効果のある栄養素の含まれる食材を摂ることになります。
有名な食材でいえば、牡蠣が挙げられます。
牡蠣には精子を作り出すために必要不可欠な栄養素である亜鉛が豊富に含まれ、精子の生成を手助けすることから、勃起力の改善に役立ちます。
また、血管を柔らかくする効果のあるビタミンcも含まれているため、陰茎への血流改善にも効果が期待できます。
また、すっぽんも精力を高める食材として、有名なものになります。すっぽんには約20種類のアミノ酸が含まれているため、精力増強だけでなく滋養強壮にも効果を発揮する食材です。
そして血液を作り出すビタミンbも豊富に含有されているため、全身だけでなく陰茎の血液量の増加にも、非常に役立つ食材となっています。
そして野菜で言えば、山芋も勃起不全に効果のある食材です。山芋に含まれるムチン、アルギニンが、精力の増強に効果のある成分となります。
ムチンは新陳代謝の活性化を促し、アルギニンは精子を作る手助けをする成分です。これらの食材を積極的に食べることで、勃起不全は改善される可能性があります。