中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメイン判断はSEOチェキ!301のサイトは?

ページランクが2016年に廃止され、中古ドメインや自社サイトを判断するツールが重宝されるようになりました。アフィリエイトを行うにあたって被リンクの質やコンテンツの内容が重要視される傾向になり、バックリンクサイトを作る場合に中古ドメインの有効活用は大幅なメリットがあると言えるでしょう。

ドメインを判断するツールはたくさんありますが、中でも利用者が多いサービスが「SEOチェキ」です。無料でバックリンク数やドメイン数、内部リンクの数を確認できるツールとなっており、利用しているユーザーも幅広いサービスとなっています。基本無料のサービスとなっているため、サイトを開設した手であまり運用資金がないという方にも心強い味方といえるでしょう。

バックリンクやドメインの中を確認していく中で「301」という表示を見かけることがあるかもしれません。これはドメインが更新されていない・不正なリンクであることを意味しているので注意した方がよいでしょう。301の被リンクが多いと低品質リンクとしてサイトに悪影響を及ぼす可能性があります。中古ドメインを選定するときに、301の表示が少ないものを選ぶことで、品質が高いドメインを選ぶことができますよ。

SEOチェキの他にもバックリンク等を調べるツールは幾つかあります。有料でも構わないからとにかくしっかり調べたい!という方におすすめなのが「Ahrefs」です。Ahrefsは外国が運営しているツールで、独自クローラーを回すことにより、サイトのコンテンツの質・ドメインの質を評価しています。ドメインランクとURLランクという2つの指標を使ってサイトを評価してくれるので、比べやすいというのも大きなメリットでしょう。

Ahrefsではバックリンクのドメイン数やアンカーテキスト、リンク先のドメインランクやURLランクを確認することができます。オーガニックキーワードや検索ボリュームも確認することができるので、新しく狙うキーワードを選ぶときにも役立ちますよね。

月額料金は99ドル~(日本円にして約12,000円程度)となっているためかなりお値段は張りますが、中古ドメイン選定や競合サイトの調査に活用出来るサービスなので、利用者も多いツールとなっています。もし、チェキを使っていて物足りないという方は一度使ってみるのも良いでしょう。これらのツールを使いこなして、有用性の高いドメインを見つけてくださいね。