中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメインを引き継ぎ前にしたいことと効果

中古ドメインを引き継ぎするとさまざまな効果が期待されています。もっとも大きな効果としてはウェブサイトのPVアップがあります。ウェブサイトを新規で建てると問題となるのが宣伝です。良いコンテンツならそのうち検索サイトで取り上げてもらえますが時間がいつかはまったく読めません。そこでSEOを利用したり、SNSで宣伝したりとさまざまな活動が行われるわけですが、注目を集めている方法に中古ドメインを利用する手法があります。中古ドメインを買ったり、譲渡してもらったりして引き継ぎさえすればPVが増えるというものです。実際にはうまくいかないケースもあるのですが、それでも事前のチェックを厳しくすることでうまくPVアップにこぎつけたウェブサイトも多数あります。ウェブサイトを運営する際に問題となるのが検索サイトでの評価です。中古ドメインを利用することで前のウェブサイトの評価を引き継げます。検索サイトで評価が高かったウェブサイトなら新規に建てたウェブサイトでも検索サイトでの上位表示が狙えるわけです。理由としては検索サイトでの評価は一定期間残されるからです。サイトの所有者やドメインの所有者はチェックされないと考えられており、評価は引き継げると考えられています。また、バックリンクも多数あることが多くそれらも無条件に引き継げることになり、PVは新規サイトとは思えないほど増えることが期待されます。しかし、中古ドメインならなんでもいいかといえばそうでもありません。引き継ぐ前にしっかりチェックしないと検索サイトにまったく相手をされないサイトになってしまう可能性もあります。1つめのポイントはメールアドレスでのブラックリストに載っていないことです。スパムを多数配信したドメインはブラックリストとしてメールサーバやフィルタリングソフトでチェック対象となります。合わせて検索サイトでも評価を落とす要因となりえると考えられており、ウェブサイトのみで利用する場合でも避けておきたいドメインとなります。2つめはドメイン検索です。検索サイトでの調査時点での評価も大事です。ドメイン検索をすることでどのような評価として検索サイトに保存されているかが分かります。評価が実は悪かったり、予定している新規サイトと関係のないカテゴリとして評価されている場合など検索サイトでの評価をしっかり踏まえて引き継がないと思った通りの検索順位にならないことが多いです。