中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメインの長さとオーサーの関係について

中古ドメインが人気となっています。とくに新規に建てるサイトの場合は中古ドメインを利用することで検索サイトなどにも有利に進めることが可能となります。ただし、ただ長く運用されているドメインならなんでもいいと言うことはなくなっており、適切に選ぶことも重要になっています。
中古ドメインはオーサーが複数いたりといろいろな方に利用されてきたドメインであることも多いのですが、できれば同じカテゴリにいたドメインであることが大事です。ドメインについては登録初期からの履歴をしることができます。ドメインの所有者と場合によってはどのようなサイトが作られてきたかを教えてくれるサービスが多数登場しています。これらのサービスではドメインの長さを知るのに利用されてきましたが、最近では作られてきたドメインについて調査する方も増えています。
ドメインの利用履歴については主に2つの観点でチェックされることが多いです。1つはアダルトで運用されていたかです。アダルトで利用する場合は問題ないのですが、企業サイトなどで利用しようと考える場合は過去にアダルトで利用されているドメインは長さがあったとしても避ける傾向が強くなっています。逆にアダルトサイトを利用する場合はアダルトで利用されていないドメインでもアクセス数がある程度あるなら利用される傾向が強くなっています。チェック方法としてはドメインの履歴を見られるサービスを使うほか、検索サイトでドメイン検索してみる方が多いです。検索サイトではドメインが失効した後でもコンテンツとして残されている事が多く、アダルトサイトでの運用実績を知ることができます。2つめはオーサーについてです。複数のオーサーがいても問題ありませんが、ブラックリストに載っているサイトを運用した方がもっていた場合は利用しないケースが多いです。サイトのブラックリストは大きく分けて2つあり、スパムメールを出していたドメインであること、また、違法サイトやウイルスを仕込んだサイトで利用されたドメインも再利用しない方が多いです。両者ともブラックリストを検索できるサービスが無料提供されているのですぐに調べられます。
ドメインは新規ドメインと思っても実は中古ドメインだったというケースも多くあります。取得する前にサイトの履歴、スパムなどブラックリストに入っていないことを調べてから実運用に利用することをオススメいしますし、検索サイトでの順位にも影響する大問題です。