中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメインの譲渡で重要なこと

ドメインを譲渡している人中古ドメインを買ったり譲渡する際にはいくつか注意したいことがあります。特に重要な事は維持費と手数料です。ドメインは年間契約で費用がかかります。そのため、契約の残り月数が少ない場合は譲渡ができないケースがあります。この場合、翌年度分の維持費を払えば譲渡可能なのですが、売買する場合は維持費について別途必要なのか掲載しておくことが重要です。また、譲渡の際、タイミングによってはさらに手数料がかかることも多く、見積もりについてもタイミングを見て更新する必要が出てきます。

中古ドメインの重要性は維持費以外にも履歴のチェックも必要になってきています。履歴については維持した結果を示すことになりますが、各種サービスもありますのでチェックしやすくなっています。特にワンオーナーではない場合は注意が必要です。複数人に渡り歩いたドメインはサイト履歴も様々です。検索サイトではこれらの情報を保存していることが多く、新規にサイトを始める際に不利なこともよくあります。もっとも不利になるのはスパムやウイルスを発信したサイトの場合です。これらのサイトのような悪影響を及ぼす場合は各検索サイトで要注意のサイトとして検索結果から削除することが多いです。それはサイトの所有者が変わっても変わらないことが多く、修正依頼も受け付けないケースもあります。中古ドメインを買う場合は必ず事前にブラックリストのチェックと検索サイトでのドメイン検索をしておきたいところです。また、ブラックリストに載っているようなドメインは企業などが提供しているフィルタリングサービスでも蹴られてしまう可能性が高くなります。コンテンツはまったく問題がない場合でもフィルタリングなどで表示されない場合はドメイン履歴を疑ってみることが必要です。中古ドメインの売買サイトによっては履歴をチェックしてランクを付けている場合も多くなっていますが、自身でチェックすることがとても重要です。メールのみで利用されてきたドメインについても同様であり、ブラックリスト化されてしまった場合はサイトがなくても評価が悪くなります。また、メールのブラックリストは削除申請可能ですが、削除後に各種検索サイトで評価が戻るかといえば悪いままであることが多く、基本的には一度載ったドメインは利用しないことが重要です。中古ドメインは価格がかなりの差がつくことが多いですが、価格が高くてもブラックリストに載っている場合もあるので要注意が必要です。