中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメインの値下げのタイミング

中古ドメインの価値は時間が進むごとに下がっていきます。どれだけ過ぎれば値段が下がるのか明確な期間は保証できませんが、販売されて1か月や2か月程度過ぎれば価格が落ちる可能性は高いでしょう。ページランクが廃止された今では中古ドメインの判断基準が非常に難しくなっています。ページランクが高い=上位表示するという訳ではありませんが、ドメインの指標としては非常に役立つツールでした。現在ではそれぞれの会社が独自で判断しているというわけですね。そのため自社基準を満たすドメインはすぐに購入されてしまうケースが多いのです。ドメイン屋で自社基準をクリアしていれば、他社に取られる前に買っておきたいと思うでしょう。そう考えた時にはドメインがなかなか売れない=各社の基準を満たしていないということになるのです。
そのため1か月や2か月という短いスパンで価格が下がるというわけですね。またドメイン価値が下がるという理由も挙げられるでしょう。短い期間であれば、それほど変わりませんが、中古ドメインが更新されない状態で長期的に放置されている場合、ドメインの価値が低下します。結果的に値段が下がるということにつながるのです。
中古ドメインはすぐに上位表示するものもあれば、何をしても上位に上がらないこともある非常に繊細なものです。アルゴリズム変更の影響を大きく受けますし、被リンクやアンカーテキストによっても成長度合いが異なります。そう考えると中古ドメインの購入に手間取るのはあまりメリットがないと言えますね。それらのポイントを押さえてコストパフォーマンスの高いドメインを探すのが得策でしょう。
リンク数がいくらで、アンカーテキストはこのようなドメインを購入するというルールを決め、ドメインの価値を判断していれば安いドメインと高いドメインの区別ができるはずです。独自の判断基準を作り、それに伴ってサイトが上位に上がるか上がらないかを見極めること。そうすればサイトの価値を判断する力が磨かれていきます。これらの記述は一生廃れないスキルなので、ノウハウを蓄積するということは価値のあることです。
中古のドメインは被リンクが多い=高い、リンクが少ない=安い傾向にあります。しかし、リンク効果は本数だけではありません。リンク先の質やランクなどなど様々なポイントが影響を及ぼします。ドメイン選びのスキルをどんどん上げて、効果的なサイト作成に活かしてくださいね。