中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

中古ドメインのインデックスと機能レベルの調査

中古ドメインは数多くの利点があると言われていますが、実際にはインデックスと機能レベルによってかなりの差があります。また、最悪のドメインでは利点どころかサイトをマイナス評価にするものもありますので要注意です。ドメインについて調べる場合はいくつかのサービスが利用できますので購入前にしっかり調査したいものです。中古ドメインのインデックスについては対象とする検索サイトで調べられます。検索サイトと言えばSEOの利用が一般的になっていますが、SEOでも利用されるドメイン検索を検索サイトで行えばインデックスが分かります。検索サイトではドメインの所有権が移ったり、廃止されたとしても暫くの間は履歴を残します。そのため、中古ドメインで新規サイトを立ち上げても検索サイトでいきなり上位表示したりするのです。もちろん、コンテンツがまったく違えば意味がなく、あくまでも履歴に残っているサイト情報と同じカテゴリや内容、パスであることが条件となります。かなり面倒な条件でもありますが、調査段階でカテゴリにあうドメインをしっかり探すことも中古ドメインをうまく活用するポイントとなっています。インデックスでドメインを探したら機能レベルでいくつか調査を追加します。1つめはメールアドレスのブラックリストに載っていないことを調べます。基本的にはブラックリストに載っているドメインはインデックスがなくなっている、いわゆるペナルティを受けた状態になることが多いですがまれにペナルティを受けない場合もあるので注意が必要です。ブラックリストは民間の団体が管理していますので無料で調べられます。載っている場合はどのような場合でも利用しないことが肝心です。リストから外すこともできますが、一度載った情報はさまざまなサービスで利用されますので不利益しかありません。2つめはバックリンクです。各SNSや検索サイトで調べられますが、特にSNSでのリンクが重要になってきています。SNSからのリンクが多いドメインはPVが長期的に期待できますし、検索サイトでの評価も上がりやすくなります。注意点としては生きているパスでなくてはならないことです。リツイートやいいね数が多いパスはすぐにコンテンツを割り当てて活かすことが重要です。その際、パスが相対パスになっているドメインはCMS側で対応しやすいので利点が大きなドメインとなります。調査をしっかりすることでより良い中古ドメインが見つかります。