中古ドメインについて説明する男性

中古ドメインがアツい!と言ってもなんのことかサッパリですよね。今は中古ドメインを使ったビジネス展開が盛んに行われています。そんな中古ドメインの活躍ぶりを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

ディーボもグーグルも注目する中古ドメイン

中古ドメインがウェブサイトに有効であると考えられてきていますが、ディーボなどのSEO会社やグーグルも対応が進められているようです。中古ドメインがウェブサイトに有効である理由はいくつかあります。1つめは以前のウェブサイトで作られたバックリンクやカテゴリが生きていることです。新しいウェブサイトが以前のカテゴリやバックリンクにあっているなら効果がもっとも大きくなります。また、違っていたとしてもアダルトなどでない限り、マイナス評価とは成りません。2つめはインデックスされやすいことです。検索サイトではロボットを派遣して各サイトをチェックしていますが、そのチェックの間隔がすでにあるウェブサイトでは速いのです。そのため、新規にドメインを設定するよりも数段インデックス化が早くなります。また、インデックスされた後もドメインの年齢が高ければ高いほどチェックされる率が上がり、コンテンツの更新にも対応してもらえやすくなります。3つめは各SNSでのバックリンクが残っていることから注目されやすいということです。SNSでのバックリンクは検索でも表示されますのでキーワードなども適合することが多いのでPVを上げやすいと考えられています。良いことが多い中古ドメインですが、注意点もいくつかあります。1つめはカテゴリの違いです。アダルトサイトの履歴がある場合は注意したいところです。見ていた客層も違いますので裁縫してくれたとしてもすぐに退去してしまうケースが多く、PVが利益に反映されないケースが多いです。また、検索サイトでの評価もカテゴリが変われば下がる傾向が強いです。2つめはスパムチェックです。ウェブサイトでスパム行為や違法行為をしてしまったサイトは永遠にブラックリストからでられない可能性が高いです。ブラックリストは民間のサイトもありますし、検索サイトでももっていると考えられます。民間の場合は申請で削除できる場合が多いですが、検索サイトの場合は最初から選ばないことが大事になってきます。また、スパムサイトで認定されているとメールもブラックリストに載ることが多く、運営に支障がでるケースも多いです。中古ドメインはオークションでもサイトの価値を載せていないケースが増えてますので自分でチェックすることが必要です。3つめは料金です。購入価格に維持費や未納分が入っていないケースがあり、追加の費用を求めるケースが増えていますので決裁はしっかり確認したいところです。